最後に笑おうと割り切ることが就職活動の原理原則

私は、今日、ある企業の一次面接へ行ってきたのですが、緊張してうまく話せませんでした。自分に自信を持たなくては!!と思うのですが、たくさんの企業に「ご縁がなかった」と言われてきた私は、将来が不安で不安でなりません。
ただ、内に秘めた闘志は熱く、強いものを持っていると思います。
決して諦めない。最後まで精一杯やること。ここまで来たら、諦めずにやっていたら、きっといい出会いがあると思うのです。そう、信じたいのです。
あなたとご縁があったと言われたい。だって、そうじゃなきゃ、心から笑えないです。

一人で熱くなってしまいましたが…私にも応援してくれている人が、たくさんいるから、その人たちを誇りに思うから、就活を続けることができているんだと思います。
私、一人だったら逃げ出していたかもしれません。
私は、一人じゃないと思うと強くなれるし、泣けてきます。
今日の帰り道、そんなことを一人で思っていました。だから、私は、きちんと私らしくいられる場所を、最後まで諦めずに探したいと思います。』

コメントは停止中です。