まず「なんでもメモに書き留める」クセをつけることから始めよう。

そうは言っても、メモを取る習慣のない人は、社会人としてデビューしていきなりできるようになるわけがありません。ということで、今から練習を開始しましょうか。そもそもメモを取るコツってご存じですか?

メモは「忘れないように」取る、ということは、忘れては困ることを書き留めるだけなんですが…。そもそも「なにを忘れちゃうんだっけ」と、思ってしまうこともしばしば。そこでポイントは3つ。「人」「数字」「行動」だけ。
まずは「人」について。誰が言ったのか、どの人に会うのか、誰に電話するのかなどなど。人について忘れてしまうと、たちまち困ってしまいますよね。とにかく、話に登場する人物は、逐一書き留める。これを忘れずに。
次に「数字」ですが、これはわかりますよね。日付や金額、電話番号や数量など、間違えたらどうしようもないことって、実は数字がらみが多い。キチンと書き留める、そして、復唱して確認する。それを習慣づけてください。

コメントは停止中です。